スリーピークス八ヶ岳トレイルランニング

八ヶ岳を舞台に繰り広げられるトレイルランニング大会。山梨県北杜市の魅力が沢山詰まった大会になりますよう、スリーピークス八ヶ岳トレイルランニング

About Race レースについて

大会名に込めた我々の思い〈コンセプト〉

『THREE PEAKS』には3つの意味があります。

PEAK1:コース中の最大の難所(PEAK)はレース中盤に出現する標高2500mの『三ツ頭』

PEAK2:この大自然を走れる幸せ(PEAK)を心と体で感じてもらいたい

PEAK3:レース参加者以外にも八ヶ岳を楽しむ場(PEAK)を提供したい

PEAK1《コース中の最大の難所 (PEAK) は標高2500mの『三ツ頭』》

本レースコースは、トレイル率95%という、豊かな自然の中が舞台となります。 ゴツゴツとした石場の下り、厳しい登り、荒々しい下りといったテクニカルなコースが続くOne Pack Line 38kと、八ヶ岳高原のさわやかな風を感じながら、林道や遊歩道、棒道を駆け抜けるAttack Line 23kの2コースを設定しました。

PEAK2《この大自然を走れる幸せ (PEAK) を心と体で感じてもらいたい》

自然豊かな地山梨県の中でも、厳しく長い冬を越えた新緑の春の景色は大変美しいものです。トレイルランニングレースを開催するにあたり、自然の息吹を全身に浴びながら走る心地よさを大勢の皆様に感じて頂きたいと思い、北杜市での開催を企画しました。

PEAK3《レース参加者以外にも八ヶ岳を楽しむ場 (PEAK) を提供したい》

本大会では、より大勢の方々に八ヶ岳を味わっていただきたく、レースに参加しない同伴者の皆様向けにも、マルシェ、フットパスといったイベントを開催します。また会場となる山梨県北杜市は標高1000mに位置し、豊かな自然・美味しい食べ物・アート・スポーツ施設などに恵まれた、観光地としても魅力の地域です。参加される皆様にはレースに出場するだけでなく、八ケ岳南麓エリアを心ゆくまで味わって頂けたら幸いです。

大会を通じて我々が目指すもの

八ヶ岳を舞台とした本コースの大部分は「第三種国定公園」に指定されており、多種多様な動植物が生息しています。レースに関わることにより、走る喜びだけでなく、「環境を維持していく為に、スタッフやランナーに何ができるか?」を、大会を通じて考える機会を設けると共に、様々な環境保護活動に取り組んで参ります。

特集記事

前夜祭
山梨 不動産